1月31日+1ヶ月=2月31日?

久々に、SE経験ネタです。
私が、コンピュータのプログラミングを覚え始めた頃、その後、仕事でプログラミングやプログラムの設計をしている頃、日付というデータ項目は固定長の文字列、あるいは、桁数の決まった数字として扱っていました。今の様に、日付型の項目というのはありません。
例えば、「2006年1月31日」は「20060131」という8桁の数字が並んだ文字列で表現し、表示をするときに4桁-2桁-2桁に分けて編集したり、月を確認するのに5桁目から2桁を抜き出したりします。ちなみに、この日付用の文字列の桁数をケチって、西暦年を下2桁だけにしたのが、2000年問題の元凶です。
なお、日付を示す変数を、年月日を個別に示す3つの変数に再定義できる様な言語(COBOL等)は、当時もありましたので、前述の様な低レベルの文字列操作をする必要はあまりありませんでしたが、やはり、日付ではなく年、月、日を独立した項目として扱う必要がありました。
私がシステム開発の現場を離れて大型汎用機の設備周りの仕事をしているうちに、UNIXマシンやパソコン用のデータベース(以降DB)と、DBを操作するためのインタフェースを備えた開発ツールあるいはプログラミング言語が普及してきました。その多くは、日付型のデータ項目が扱える様になっていました。
そして、私が再びシステム開発の仕事をする様になった時、具体的には1995年頃、日付の扱いについての過渡期であったのか、日付を旧来の文字列で表現する設計者と、日付型を使う設計者とが、混ざっていました。(今も、まだ混ざってるでしょう。)
また、大型汎用機のプログラミングの経験が長いプログラマも、日付型の扱いに慣れずに苦労している様でした。わざわざ、文字列に変換してから処理する様な、効率の悪いプログラムを作る人もたくさんいました。

“1月31日+1ヶ月=2月31日?”の続きを読む

ITって何だっけ?

先日から世間を騒がせているライブドア・ショック。とうとう、ホリエモンを含むライブドアの幹部が逮捕される、というところまで行ってしまいました。
この事件は、株価の急激な変化だけでなく、取引件数の増加により証券取引所のシステムを増強に追い込んだり、自民党への攻撃材料を野党に与えたりと、様々な影響を及ぼしています。しかし、ライブドアそのものよりも、過剰な報道が騒ぎをより大きくしている様にも思えます。
そもそも、ライブドア=IT系企業を前提とした世間の反応には、飽きれてタメ息が出てしまいます。

“ITって何だっけ?”の続きを読む

システムは欺けても...

私は、ネットショッピングをよく利用します。
パソコンのハード・ソフト、本、CD、DVDなどをよく買います。他に、ミネラルウォーターや食品も。
足を運んで実店舗で買うこともあるのですが、急がないものは、店頭で現物を確認しておいてから、後でまとめてネットショップで購入します。価格に大きな差がなければ、ネットの方が品物を持ち帰る必要がなくて楽ですし、まとめ買いすれば送料無料になり交通費より安くなることが多いです。何より、商品を検索できるのが便利です。
会社勤めをしている時は、休日にしか受け取れなかったので、宅配は不便に感じましたが、今は平日の昼間に在宅で仕事をしていることが多いので問題ありません。たいていは、配達指定時刻を午前中にしています。
先日も、配達指定を午前中にして荷物を待っていましたが、12時過ぎには出かけたかったので、宅配業者のホームページで配送状況を確認しながら、外出の準備をしていました。
その時、その事件は起きたのです。

“システムは欺けても...”の続きを読む

正月ボケ?から抜けないうちに、定例の運営報告

1月も、もう中旬になりました。
他に運営中のホームページの仕事も含めて、元旦から作業をはじめていたのですが、年始は外出が多くてなかなか作業が進みません。9日の夜から、ようやくまとまった時間がとれたところです。
仕事で運営を請負っているホームページは、アクセス数が増えて来ているので、アクセス解析の作業手順を見直す必要がありそうです。もともと件数が少ないころから始めたので、手作業でなんとかしてしまっていたのですが、そろそろ無理が出てきました。
でも、このブログのアクセス解析は、まだまだ件数が少ないので、LOVELOG提供の解析結果をもとにして、手作業で何とかなりそうです。

“正月ボケ?から抜けないうちに、定例の運営報告”の続きを読む