Bフレッツ開通

Bフレッツマンションタイプ、ようやく開通しました。
申し込みをしてから約50日ですが、いろいろとあって、かなり長く待った感じがします。
フレッツ・スクエアでの測定では、45Mbps前後で、同じマンション内で1件目だという割には、それほど速くない様です。それでも、収容ビルから4km弱の距離で使用していたADSLに比べれば、約20倍の速度になっており、実用上は、十分満足できる速度です。
それにしても、マンションの管理組合の総会で導入が承認されたのは2月末、それ以前の導入検討も含めると、かなり長い道のりだったのです。


私が現在の住居に移り住んだのは、2003年1月。入居前からフレッツADSLモア(12Mbps)の導入を決めていましたが、収容ビルから4km弱の距離があり、実効速度としては2Mbps前後でした。それでも、前の住まいで利用していた1.5MbpsのADSLよりは速いので、不便はありません。
私が入居する前にも、マンションの管理組合で光ファイバの導入が検討されたことがあった様ですが、当時はVDSLタイプが普及しておらず、建物内の配線の問題により、全戸で平等に利用できる様にするのが困難だという理由で、導入が見送られていました。
その後、2004年の春頃に、USENのVDSLタイプの導入について、各戸あてにアンケートがあったのですが、具体的に検討が進んだのかどうかも解らないまま、1年以上が過ぎました。
次に話があったのは、2005年の7月。持ち回りで、私も管理組合の理事になっていたのですが、光ファイバ導入の検討のため、理事会を開くというので参加しました。その時までに、NTTとUSENのVDSLを併設するという話が、既に進んでいた様で、理事会のメンバーに承認を得て、その後、他の案件も含めた臨時総会を経て、導入の作業に入ると言う話でした。
しかし、臨時総会の案内はなく、翌年の2月下旬、定例総会の時期を迎えました。どうやら、管理会社の担当者の異動により、7月の理事会で検討した件は、全て先送りになってしまっていた様なのです。
改めて、2月下旬の定例総会で決議され、前の年の7月に検討したのと同様に、NTTとUSENの併設案が承認されました。しかし、このとき説明に来ていたのはUSENだけ。このあたりから、営業方針の違いが明確に出ています。
USENの方は、定例総会の直後にアンケートを実施、翌週にはロビーで個別相談会を行なう等、積極的に導入を促しています。その成果か、3月上旬の時点で、約50戸中の18戸が導入を決定したという情報がありました。早期申込者については、3月中に開通を保証するという手際の良さも、効いている様です。まあ、単純に料金を比較しただけでも、特別な理由が無い限りUSENを選びますよね。
しかし、我が家の場合は、その特別な理由がありました。
仕事用に使っていたIP電話を、できれば同じ番号のまま使いたかったのです。USENでも、IP電話は利用できますが、番号が変わってしまいます。少し悩んだ後、プロバイダに問い合わせる等して、Bフレッツであれば同じ番号のまま移行できることを確認しました。
IP電話の問題が解決したので、Bフレッツコースへの変更を、3月末にプロバイダ経由で申し込みました。ただし、この時点では、NTTが工事に来ているのは一度も見かけていません。また、導入説明会を開くという話もありません。このあたり、営業努力というものは、かけらも見えません。
申し込みをしてから数日後に、NTTから電話が来ました。申し込みは受け付けたものの、開通までには1ヶ月以上かかるという連絡です。まあ、覚悟はしていましたが、理由の一つがひどかったです。マンションの管理組合から、まだ、工事の承諾書が届いていないのだそうです。同じ日に承諾されており、USENの方はその翌週には工事を始めているのに、いったいどういうことでしょうか?この辺りは、管理組合の担当者にも、問題がありそうです。もしかして、USENとの癒着でも…
それから1ヶ月強、NTTのVDSL装置の設置が終わったのは、5月中旬。VDSLモデムを送ってくれれば、自分で取り付けはできるのですが、マンション内の1件目ということで、工事に来ることになりました。幸い、日程の都合がよく、5月22日に無事開通しました。導入が承認された定例総会から約3ヶ月、申し込みから約50日が待ちました。USENの開通からも約50日の遅れで、これでは、満足できる契約戸数は得られかったでしょうね。撤退したりしないか心配です。
さて、Bフレッツに切り替える直前の5月22日の朝、もう一つ事件がありました。
切り替え直前のADSL速度でも計っておこうかと思い、フレッツ・スクエアに接続したのですが、全くつながりません。プロバイダ経由のインターネットへの接続もできません。Bフレッツへの切り替えは、午後の何時になるかわからないので、半日以上ネットにつなげないのは困ります。何より、仕事用の電話がIP電話なので、外からの電話連絡が受けられません。仕方なく、NTTに連絡したところ、1時間ほど調べてもらったら復旧しました。NTT内の接続の不具合だったそうですが、Bフレッツへの切り替え前にADSLを切ってしまったのではないかと、疑ってしまいます。
とにかく、この日の午前、ADSLに接続できない約3時間は、Bフレッツ開通が最も待ち遠しかった時となりました。